自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

2台目、3台目に使えるお得な割引!

2台目、3台目に使えるお得な割引!


最近ではよく聞くことがある話ですが、

車を持っているけれど、乗らない人が増えているようです。

「歳をとったので、ほとんど載っていないけれど、

何かの時に車は必要だから置いてある」

というお年寄りの方や


若い人で、

「新車を買ったけど、ずっと駐車場に止めたままだ」

という話をよく聞きます。


東京や大都市はともかく、ちょっと都心から離れたり、

普通の県内でお住まいの方なら、

一家に2・3台の車を所有している家は多いですよね。

しかし、実際にいつも使っているのは、

1台だけということも少なくないのでは・・・

そう考えると、本当に何台もの車が必要なのか疑わしいですね。



車を持てば、税金はかかるし、車検などの維持費もかかります。

それだけ、お金をかけながら、車に乗らないのでは、

すいぶんともったいないと思いませんか。


それなら、売るか、廃車にしてしまえば・・・

と簡単にはいかないようですが。


そこで、何台も車を持っている家庭ならば、

知っておきたい割引が2つあります。



1つ目は、 セカンドカー割引

もう一つ目は、NF(ノンフリート)全車両一括割引

セカンドカー割引」とは、



1代目が既に11等級以上の割り引きが進んでいる場合に対象となります。


2台目を購入して、初めて保険に加入するときには、通常の6等級からではなく、
1等級上の7等級からの契約となります。


これを利用することで、


例えば、


21歳の子供が保険に加入するときに


通常では、「年齢条件」により、

6等級・割増10%となります。

しかし、「セカンドカー割引」を利用することで、

「7等級・割引15%」で、保険に加入できます。

これを利用すれば、保険料は25%の差となるのです。


もし、26歳の子供の時は

通常「6等級・割引5%」が、

「7等級・割引28%」となり、

保険料は23%違ってきます。


この割引のポイントは、1台目の保険証券さえ確認できれば、

2台目の違う保険会社とセカンドカー割引を使って

契約ができることです。


セカンドカー割引の適用条件

NF(ノンフリート)全車両一括割引とは、



2台目以降の車を一つの保険証券にまとめて契約すれば、

割引になるというものです。


つまり、1台ごと契約するのではなく、すべてのクルマを1枚の保険証券にまとめて1枚、1台目が明細の1枚目、2台目が、明細の2枚目・・・となります。

割引率は、2台なら1%、3~5台なら3%、6台以上なら5%となります。

「フリート」とは、

保険用語で、「車10台以上」という意味です。

「ノンフリート」とは、

「10台未満」ということです。



家族で、2台以上の車を所有しているなら、

別々の保険会社で契約するよりも、

まとめたほうが、保険料は安くなります。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional