自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

運転者家族限定特約

運転者家族限定特約


運転者家族限定特約の範囲は?


自動車保険の特約のひとつに「運転者家族限定特約」があります。


運転者を「家族」に限定する分、保険料を安くできますが、

その適用範囲は少し複雑です。


家族だからといって必ずしも補償されないのです


家族が車に乗って出かけるときは、どちらの家族でもあります。


そんな時に、父親や母親に代わって、子供が運転をすることや、

または子供に車を貸すこともよくあることです。


たまたま、父親の車を子供が運転している、

そんな時に事故に遭ってしまいました。


保険会社に連絡すると事故の詳細を聞かれ、

運転者が自分であることを告げると、

なんと保険の対象にならないとのことだったのです。。


父親の自動車保険の「運転者家族限定特約」の対象にならないらしい?!


びっくりして父親に確認すると、

車にそんなに乗らなくなったので、

自動車保険の契約に数年前か「運転者家族限定特約

をつけていたとのこと。


しかし、家族だから問題ないと思っていたようだ。


相手と自車の修理代金について、

自分の過失分を自腹で支払うことになりました。


どうして、保険金が支払われなかったのでしょう?


運転者家族限定特約の「家族」の範囲とは?


自動車保険の補償に家族限定という制限を設けるわけですから、

その分保険料は割安になります。


友人や知人など、

家族以外の第三者に車を運転してもらうことがないなら、

保険料がお得になるというわけです。


もちろんそうしたことが「まったくない」のと

「あまりない」のは違いますから、

その線引きは間違いないようにしなければなりません。


たとえ車を動かしたのが1メートルだけでも、

運転者家族限定特約で対象にならない人が運転すれば、

保険金は支払われません。


運転者家族限定特約の「家族」の範囲とは下記のとおりです。


1.記名被保険者(主に車を使う人)

2.記名被保険者の配偶者

3.記名被保険者またはその配偶者の同居の親族

4.記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子(婚姻歴がない)


今回、この事故の場合には、4に当てはまり、

次のようなことがあげられます。


父親の車を運転した子供が、同居していたが、

近くに部屋を借りて住み始めた未婚の子の場合や、

すでに結婚・独立している場合には、

「家族」とは認められません。


そのため、自動車保険契約における「運転者家族限定特約」の

「家族」には該当しないのです。


結婚や別居により、運転者家族限定特約の対象外となることも


自動車保険契約上の適用範囲にはルールがありますから、

それを確認しておくことが重要です。


契約上の適用範囲を確認せずに

「補償されると思っていた」のでは大変なことになります。


ほかにも注意しなければならないことがあります。


加入時には運転者家族限定特約の範囲だったが、

その後に条件が変わって範囲から外れるケースです。


例えば以下のような場合です。


・別居の未婚の子であったが、結婚した

・結婚して同居でなくなった

・同居していたが、近くのマンションに部屋を借りて住み始めた

・同居していたが、近くに一戸建てを購入して別居になった


どのケースでも、

状況が変わる前は運転者家族限定特約の適用範囲ですが、

結婚や別居になることでこの対象から外れます。


しかも自分から申告しないと、

保険会社ではこうした状況の変化は把握できません。


自動車保険の契約にこのような制限を設けるのであれば、

自分で管理する意識が必要です。


運転者家族限定特約のように制限を設ける場合のポイント


・誰が車を運転するのか明確にする

・同居、別居、結婚など、

 家族の状況が変わったら自動車保険もチェックする


近年、自動車保険の保険料は上昇傾向にあります。


一方、「夫婦限定特約」「本人限定特約」といった特約(割引)もあります。


こうした特約をうまく活用して無駄な補償を減らしつつ、

必要な補償を確保してください。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional