自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険額 設定

車両保険額 設定



画像の説明

車両保険の設定額はどのように決めればいいのでしょうか?


保険会社では「車両価表?」という物があります。


その車両価表には、車の型式購入した年度別に車両価格が載っています。

そして、その車両価格の程度には幅があります。


車両保険は、その車両価値の限度内の金額で締結するようになります。


また、カーナビなどをオプションで付けたケースなどは

その額を加えるできことした金額の車両価値と成ります。


また、事故車両だからといって車両価格が著しくに落ち込むこともありません。


例えば、


車両価格の10万や20万の差ならば、

車両保険の保険料は月割りで百円以内の誤差ですので、

それほど慎重になることもありません。


自動車の保険料は、

車の年式、グレード、排気量、事故率などで決まります。

過去に起こした事故の回数や大きさ、その時に保険会社が
どのレベルの保険金を償ったのかなどを考慮します。



その車種を形態・年式・グレードなどによってわけます。


対人賠償保険対物賠償保険人身傷害補償保険搭乗者傷害保険

車両保険の担保種目ごとに危険を保険料が

安直「1」~保険の掛金が高くなると、「9」までのランキングに分けています。

これを「型式料率クラス」といいます。


この数値が大きいほど保険料が高くなります。


各クラス間の保険掛金の差分は、約20%位地です。


この「型式料率クラス」を礎に

マイカーの保険料を算出する判定基準と成していますので、

事故の多大な車種は保険掛金が上がります。


保険の中身はいつでも変更可能


自動車保険の内容は、

契約後いつでも自由に変更することができることを知っていますか?


1度契約または、更新したら、1年間はその保険内容で、・・・

と思われていますが、実はそんなことはありません。


自分の状況や考え方が変わった際にいつでも変更を申し込めるのです。


免責金額などもそうです。


先ほどお話したことで、あなたは、20万円から10万円にと、

考えを変えませんでしたか?


簡単に変更ができます。


代理店に電話をして、「変更がしたい」といえば良いのです。


生命保険とは違い、損害保険では、

必要に応じていつでも保証内容を変更して良いのです。


それが、損害保険の特徴と言えます。


それを知っていれば、契約や更新をどうしようと悩んでいる人は、

随分気持ちが楽になったのでは?


例えば、


車両保険ですが、

普段はあまり車に乗らないので、車両保険をつけている人が、

急に1ヶ月間程度、毎日車を使うようになり、事故を起こしてしまった。


そんな時、その1ヶ月間だけ車両保険をつけておくことです。


必要なくなったら、再度外せば良いのです。

こんな便利な自動車保険の利用をあなたにオススメします。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional