自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険金額 相場

車両保険金額 相場



画像の説明

車両保険の平均と相場っていくら?



車両保険を加入するか?どんなふうにしたらいいのか?、

迷うている人の中には、

保険料が気になっている方も沢山のではないでしょうか?



車両保険の保険掛金と考えるのは、通常個別には算出されません。

実際に見積もりをしてもらうと解りますが、

任意保険とセットの金額でしか分らないのです。


したがって車両保険の基準と成る額や相場、

重ねて概算といった物を調査には、車両保険の有り、

なしの2タイプで概算見積もりをとった上で、

その違いを考慮するでき事に成ります。

保険会社や保険の内容は保険会社によって異なりますが、

自動車保険のご加入は初めてでしょうか。


基本はの補償についてご案内します。


対人賠償


→事故にあった際、相手の方のケガの補償です。

自賠責保険で補償できない部分を補償します。


金額はほとんどが無制限です。


対物賠償

→事故にあった際、他人の車や物を壊し法律上の賠償責任を負った際の補償です。

金額はほとんどが無制限です。


人身傷害


→ご自身のお車に搭乗中の方(運転者を含める)のおケガの補償です。

実際にかかった治療費やお仕事を休まれた休業損害、

また亡くなられた際の逸失利益などを実損で補償します。


3,000万~5,000万、もしくは7,000万が一般的です。


搭乗者傷害


→人身傷害同様、運転者を含め契約車両に乗っている方のケガの補償です。


支払方法が人身傷害と異なります。


保険会社によって支払方法はことなりますが、

「部位症状別」や「日額払い」「傷害一時金払い」があります。


どの支払方法もケガの際の補償は、

日額やケガの場所と診断名に応じてあらかじめ決まっています。


1,000万の死亡補償金を設定するのが一般的です。


車両保険


→ご自身のお車の補償です。ほぼすべての損害を補償する「一般車両保険」、

単独事故や当て逃げが補償されない「エコノミータイプ」などがあります。


保険会社によっては他にも種類があるようです。


6等級・年齢制限なしだと付帯できない保険会社もあります。


そのほか様々な特約が付帯されて一つの自動車保険になります。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional