自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険金額 新車

車両保険金額 新車



画像の説明

新車購入時の車両保険金額について



車両保険の金額は、車種とグレードで決まっています。


金額に範囲がありますので、その間ならいくらでもよろしいのです。


後は担当者次第・・・



車両保険の価額が多少違っても保険金額はそれほど変わりません。


もしもの為に最高級金額に入った方が悔まなくて済みます。



また、年毎に減額されますので、始まりの内は割と減ります。



2~3年で全損になると、「まだまだ新車」と言う心情なのに・・・


金額はひどく下がっています。


そういうことを考えると入れる一杯の価額で・・・と思います。



車両保険は車対車の特約にすれば、ある程度安くなりますよ。


一般の自損や当て逃げなどでは保険金は出ませんが、
この時は損害額が目茶目茶に大きくなることはありませんので、
保険を使って直すことの不利益のほうが膨大ので、
詰まるところ使わないということも多いですから。


(次年度の等級に影響して保険料も高くなる)



車対車の車両保険は、事故がおきたときに相手が無保険だったりすると、
自分の車両保険で直して、相手への修理費の請求など面倒を見ることなことは
保険会社にお任せできるから大変容易なので、入ったほうがよいです。


額を減額するのは余り感心しません。


それくらいならば初回から入らないほうが最善のです。


私の上げた車両保険の恩恵も出ません。


保険会社は半額しか相手と交渉しないので、
詰まるところ自分でも相手と交渉せねばならないからです。



新車特約について


車両新価保険特約とは、
原則的に車両保険へ任意付帯、即ちオプションする特約です。


自動車保険会社や自動車屋では、新車特約と呼ばれる場合が多くなります。



これは、契約車両、即ち、被保険自動車が、自動車事故により大きな損害を受け、
新車に買い換えたときなどに、契約時の保険金額を上限に、
新車の購入費用などが保険金として受け取れる特約です。



中でも、自家用5車種の新車限定で、修理費が新車価格の50%以上に達したり、
半年以内に新車を再購入したときに、新車の再取得費用を支払われるのですが、
細かな規定に合致する必要があります。


このように、当然の事ながら、誰もが新車の再購入を求める訳ですが、
その実は決して甘くはありません。



なぜなら、保険金として下りる金額は、
修理代あるいは価額のどちらか低い方と規定されているからです。



例えば、


600万円で購入したばかりの新車が交通事故に遭い、
修理料金に400万かかったと仮定します。


自分が車両保険へ未加入であれば、
相手の自動車保険会社からは規定として時価額扱いにされ、
如何なる状態であろうと、保険金として受け取れる金額の上限は
400万円と決定されるのです。



この他のケースで、車両保険の全損で、250万以上の損害があり修理不能の場合には、
全損扱いになります。


200万の修理損害を分損にされ、その修理代を車両保険で支払い、こんな車を修理して乗るのには抵抗があるでしょう。


但し、新車特約に加入していれば、200万の分損被害を買い換え費
用に充当し、新車への買い換えが可能になるのです。



加入したのが、新車金額300万設定の新車特約なら、
半額以上の損害150万以上の分損被害でも、新車に買い換えられます。


その上に、300万に全損時諸費用の10%にあたる30万が上乗せされ、
330万が保険金として支払われるのです。


その代わり、差額分は現金では貰えませんから、
安い新車を買うと損になるとは言えます。


とは言え、車両新価保険特約(新車特約)は有り難い特約には違いありません。

特約を付けたほうが得か?



日曜日にだけ、運転をするドライバーでも、

「代行費用特約は必要だ」という人もいると思います。

週末は必ず、家族を車で送り迎えをしなくてはいけない時には、

必ず車修理に出している間はレンタカーの費用がかさんでしまいます。

これらの特約が必要か、必要でないかを考えるときに、

特約部分の保険料増加額と実際に請求する保険料金との

バランスが重要となります。

代車費用特約にしても、数日分のレンタカー代で足りるのであれば、

わざわざ特約をつける必要はないでしょう。

また、車の修理工場によっては、

無料で代車を出してくれることも多々あります。

損害保険とは、

何かあった時に、それにかかる費用を補償するものですが、

その損害の費用でさえ、やり方次第では、大きく変わってきます。

安く済ませる方法を知っていれば、

何でもかんでも、保険をかける必要はありません。

例えば、


車の修理でも、A工場とB工場では、修理代金に違いが出ますよね。

特に、ディーラーに車を預けてしまうと、

修理代金は、割増になってしまいます。

安くやってくれる修理工場を知っていれば、

イザと言う時には、タダで代車を出してくれる修理工場は、

ディーラーよりも修理代が2割から3割安く済む修理工場を

紹介することができるからです。

自分にとって、保険でカバーしておくことと、

そうでないことをよく考えて、

できるだけ無駄な保険料は、

払わないようにしたいものですね。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional