自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険金額 上限

車両保険金額 上限


車両保険で補いされる保険の上限金額のことです。


車両保険の金額は、約定書の車両ごとに相違します。
車両保険の金額はどのように決まるのでしょうか?


車両保険の金額の決め方



車両保険の金額は、

契約する乗用車のマーケティング相場、車種や型式、発売年代などから算定されます。


すなわち、高級乗用車なら車両保険の額は高くなり、
軽自動車の様な一般的な乗用車であれば金額は低くなります。


また、新車は高く、古い乗用車ほど低くも懸ります。

車両保険の金額は、その車の現在の評価の高い…「時価バリュー」(中古乗用車マーケットでの価格)
と殆同レベルと評価してよいと思います。


車両保険の額は、自分で設定する事はできません。

他の自動車保険の種類



例えば対物謝金保険や対人賠償保険なら上限金額を
「無制限」とか「5000万円」とかに自分で決しられますが、
車両保険はそこができないのです。


車両保険の金額は必ず、保険会社で算出された金額になりします。

車両保険の金額と保険掛金



車両保険の金額が高ければ、


すなわち高級乗用車や新車であれば保険掛金も比例して高くなります。


ただし、新車については「新車減税」や「エコカー減税」が適用されて、
車両保険の金額は高くても保険料は安くなるケースも有ります。


ご自分のマイカーに車両保険を契約したらどのくらいの保険料に成るのかは、
見積もりを取ってみないと具体的には分かりません。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional