自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険使用した場合の等級は?

車両保険使用した場合の等級は?


例えば、当て逃げにより車両保険使用した場合の等級について


当て逃げの場合、

エコノミー(車対車)だと逃げた車が特定できないと保険金はでません。

一般車両なら保険金は出ます。


当て逃げの場合車両保険を使えば1事故とカウントするので3等級下がります。

(MOSTはこれに該当します)


保険会社が保険金を支払った後、

相手が特定でき相手から保険金を全額回収できても、等級は戻りません。


据え置きの場合は車両被害でも、

火災、盗難、台風、洪水やいたずら、飛来物、落下物等が原因の時です。


ノーカウントは対人、対物、車両以外のオプション(特約)的な保険金を請求した場合。


たとえば、ファミリーバイク特約、日常生活賠償、弁護士費用・・・・です。


車両保険に加入の時は、一般車両に入りましょう。

約70%の方は一般車両に加入をしています。


● この機会に自動車保険の見直しを!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional