自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険を使用する金額の目安は?

車両保険を使用する金額の目安は?


車両保険は使えば等級が上がるので、今の自分の等級がどのくらいで、

保険料がどのくらいかという確認が必要になってきます。


傷が付いた位で安易に保険を使用すると、

等級が上がり、保険料を多く支払うことになります。


少しだけ車に傷が付く程度の自損事故であれば、

自腹で治したほうが保険の等級も上がりませんのでお得だと思います。


事故をおこして修理にある程度の金額がかかりそう・・という場合、

一度、自動車修理の会社に見積もり依頼をしてみるといいでしょう。


車の修理代金が50万円だろうが、5万円だろうが、車両保険を使用してしまえば、

割引等級が3割あがるのが一般的です。


その等級によって割引率も違いますし、等級の上昇にあまり幅がない場合もあります。


もしも、3等級上がってしまい、保険料の上昇が5000円くらいの幅ならば、

等級が元に戻るまでに4年間5000円プラスになり、つまり20000円の上昇です。


仮に自動車修理代金が5万円だった場合、自己負担よりお得になります。


これらの計算などは、自分が加入している保険会社や代理店などに聞けば、

使ったほうがいいのか、実費のほうがいいのかということを確認してくれますので、

一度保険担当者に相談してみるといいでしょう。


車両保険を使うかどうかは、その車の修理代によってだいぶ違ってきます。


一般的には、車の修理代が、現在の支払っている保険料の60%未満の場合、

保険使用は損という考え方のようです。


一概に言い切れないところもあり、等級などで違ってきますので、

担当者に確認してみましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional