自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険は自然災害でも補償される

車両保険は自然災害でも補償される


地震や津波、台風などの自然災害はいつ起こるか予測することが難しく、

またその対応も非常に難しいものです。


では、こうした自然災害によって車が損害を受けた場合の補償は

どのようになっているのでしょうか。


自賠責保険は事故によって被害を受けた被害者が対象となりますので

当然自然災害による補償を受けることは出来ません。


また、任意保険には多くのドライバーが加入していると思いますが、

こちらも対人賠償保険対物賠償保険では補償は受けられません。


保険を加入する時というのはどうしても

対人、対物のことを考えてしまうものですが、

自然災害による車の損害も意識しなければなりません。


自然災害による補償を受ける場合には車両保険に加入する必要があります。


車両保険に加入しておけば地震、台風、最近では珍しいものではなくなった

ゲリラ豪雨に代表されるような集中豪雨やヒョウなどで

自動車が損害を受けた時に補償を受けることが可能になります。


保険を選ぶ場合はどうしても保険料のことが気になってしまいます。


出来れば保険料は安いほうがよいと考えるのは当然のことで、

その結果車両保険は加入する必要がないと判断しても不思議ではありません。


しかし、自然災害によって所有していた

車が大きな損害を受ける可能性は決して低いとは言えないでしょう。


特に日本は自然災害の種類も多くどこに住んでいても

自然災害の被害を受ける可能性はあります。


その点を考えると車両保険は重要な保険であると言えるでしょう。


今では保険会社の数も多く、

同じ車両保険でもその内容は保険会社によって微妙に違ってきます。


当然保険料も違ってきますので、

各社の車両保険をそれぞれ比較して

自分に最適な車両保険を選ぶことがポイントになるでしょう。


一般的には保険料が高い方が補償内容も厚くなるものですが、

それが自分にとって最適とは限りません。


多少補償内容が薄くなってしまうとしても、

それが自分にぴったりなのであれば問題ありません。


保険料と補償内容のバランスを考えて車両保険は選びましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional