自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険は全損扱いにした自損の場合

車両保険は全損扱いにした自損の場合


保険で全損扱いにして車を引き渡してしまう場合


修理費>時価額の場合には、

車両保険に加入していても修理費は支払われないことが多いようです。


自動車保険で全損扱いにして時価相当の金額を支払ってもらうことも可能です。


ただし、車と同時に還付金などの権利もすべて保険会社に渡してしまう事になります。


具体的には、自動車税(軽自動車はのぞく)・重量税・自賠責保険・リサイクル料です。
(還付には一定の条件があります)


ここで注意したいのが保険会社の提示する「時価額」です。


保険会社はあくまでも保険を扱う会社なので

車の「時価額」の根拠は新車価格の10%程度など

曖昧な部分が多いのです。


同じ不動車でも、

日々リアルに市場で車を取引している買取業者に査定を依頼したら

より正確な時価で査定がされます。


得意な車種であれば、

より価値を見出してくれる業者がいてもおかしくおありません。


全損扱いで支払われる金額よりも

不動車買取業者の査定額が上回るかどうか

このポイントをしっかり押さえるためにも、

不動車買取の一括査定サービスを利用して

買取査定額を必ず確認しておくことが不可欠です。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional