自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の金額は車種で差がでる

車両保険の金額は車種で差がでる


自動車保険は型式別の(車種別ではありません )

料率クラスによって保険料が細かく区分されています。


しかしながら、

自動車保険料率クラス】は自動車保険料算出のベースとなるデータでありながら、

自動車保険加入者の目にほとんど触れることがないのが現実です。


自動車保険加入者が【自動車 保険料率クラス】のことを耳にするのは、

自動車保険の加入時、もしくは自動車保険の車種変更等、

異動手続きの際に営業担当者から 「この車は料率クラスが高いので・・・」

等の説明を聞く際に耳にするだけです。


「型式別料率クラス制度」とはどんなことか?


自動車保険の「型式別料率クラス制度」とは、

車(自家用普通乗用車または自家用小型乗用車の場合)を

型式ごとの保険事故の実績に基づいて9つの料率クラスに区分し、

それが自動車保険料に反映される制度です。


料率クラスが上がるほど保険料が高くなり、

下がるほど保険料が安くなります。


自動車保険の「型式別料率クラス」は、毎年見直されます。


そのため、無事故で等級が進み前年と同じ条件で更新される場合であっても、

車の型式によっては、「料率クラス」の変更に伴い、

更新前の自動車保険料より更新後の自動車保険料が高くなる場合があります。


愛車を購入する際には、

この「型式別料率クラス」について一度聞いてからにすれば、

自動車保険の保険料は当然節約になるのではないでしょうか。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional