自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の金額はこれで決める

車両保険の金額はこれで決める


車両保険とは、自分の自動車に対する物的損害を補償する保険です。


例えば、自動車事故で保険契約車両が損壊した際、

相手との過失割合や、相手が無保険車両だったなどの理由から、

修理費の全額を相手から補償されない場合の不足分について、

契約内容に基づいた保険金額が補償されます。


もちろん相手のいる事故に限らず、自損事故の場合も同様に、

契約内容に基づいた保険金額が補償されます。


また、盗難に遭った場合、当て逃げやいたずらなどで相手が特定できない場合、

台風や洪水などの災害、飛び石など飛来物との衝突、火災や爆発などの場合など、

保険契約車両の様々な物的損害についても補償されます。(一般車両保険の場合)


車両保険に加入する際に決めることは、以下の3つがあります。


●補償内容

どんな場合に車両保険が使えるかなどを、4つのタイプから決めます。


車両保険金額

契約車両と同程度の車両の市場価格を基準に、保険でどこまで補償するかの上限金額を決めます。

なお、この金額を保険契約者自身で決めることはできません。


免責金額

損害額のうち、どれだけ自己負担をするかの金額で、0円から設定できます。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional