自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の自損の際の警察への連絡

車両保険の自損の際の警察への連絡


夜中に、呑み会後の彼にお迎えを頼まれて、

借りている月極駐車場で車を停めようとしていた時、

近くに停めてあった無人の車と接触してしまいました。


夜で暗くて見づらいし、慣れない縦列駐車だった為に

不注意で当ててしまったのです。


凹むほどの傷ではありませんでしたが、

相手のバンパー付近に大きな擦り傷を作ってしまい、

私の車の方も傷はつきましたが、たいして気にならない程度でした。


すぐに加入している自動車保険に電話をすると、

自損事故で警察を呼ぶと嫌がる相手もいるので、

真夜中ということもありその場は相手方の車に

私と事故の詳細連絡の書置きを残しておく事になりました。


その際すぐに、保険会社に電話での現状の聞き取りを細かくされました。


翌日以降順調に解決の為の話も進み、

相手も大人な方だったのでありがたかったです。


その自損事故に感じた事は、

自動車保険の私の担当者の方がすごく丁寧で、

困った時に相談すると時間が多少かかってもちゃんと解決の返答を用意し、

親身になってくれた事です。


それに保険を契約した時の営業マンも心配の電話をかけてきてくれて、

私をなぐさめてくれました。


示談が終わった後に来た詳細連絡の郵便には、

担当者の方の直筆のお手紙も同封されていて、

今の時代に手書きのお手紙を書いてくれる事が

なんだか人として温かくて嬉しかったです。


私が100%悪い事故にも関わらず、

優しい丁寧な対応をしてくれた事にとても感謝しています。


この様な対応がある自動車保険

決めるときのポイントとしたいものです。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional