自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の自損で当て逃げされた時

車両保険の自損で当て逃げされた時


車両の損害というのは大きく分けて2つあり、

ドライバーのミスによる「自爆」と「他車との接触」があります。


このうち、他車との接触は、文字どおり“事故“のことです。


それにある程度運転ウマくなると、自爆というのはしなくなるものです。


さらに、自損事故って100%自分の責任なので、

全額保険会社で負担しなければならない。


でも他車と衝突した事故なら、向こう側にも過失はある。


もし50%相手側に過失が認められたなら、

コチラの保険会社の支払い金額は半分でいいことになるわけです。


つまり保険会社にとっても自爆型の車両保険より負担が少ないのだ。


エコノミー車両保険は、簡単に要約すれば、

「自損事故は自分の責任なので関知しませんが、

運悪く発生した他車との接触ならキチンと面倒見ましょう」

という内容になっています。


自爆まで補償する車両保険と比べ、大幅に保険料安いため、

最近はエコノミータイプに入るというのが時代の流れになってきた。


ただし単なるエコノミータイプだと、

補償されるのは他車との核触事故だけに限られてしまう。


事故以上にあきらめきれない盗難や落書きといった損害は対応してくれない。


そこでエコノミータイプに「A特約」というのを付けるのが一般的。


このタイプを「エコノミー+A特約車両保険」と呼ぶ。


自損事故と当て逃げだけ補償してくれないが、

火災や爆発、落書き、盗難、台風、洪水などまでカバーしてくれる。


つまり、当て逃げの場合には、保険が支払われないことになる。


相手が特定されない場合には、保険が支払われないからです。


でも、フロントガラスの破損は補償範囲内です。


保険料は格段に安く、例えば、一般型車両保険10万5220円のところ、

エコノミーA特約タイプだと4万3410円まで下がる。


さらに通常5万円の免責金額

(車両保険を使う時に、加入者側が負担しなければならない金額。

免責10万円の契約だと10万円は加入者側が払う)を15万円にすれば、

2万9420円と、一段と安くなる。


車両保険を使うのは大きな事故の時だけ、と割り切れば、

免責金額15万円でもなんら問題ない。


一般型の車両保険同様、

事故が起きた時に支払われる保険金は車両によって決められています。


保険会社で用意している車種/年式/グレードが掲載された表によって

車の評価額は決まるから、その範囲内で金額を決めれば節約にもなるでしょう。


たいていは評価額の上限で契約するようです。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional