自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の自損で入るべき車とは?

車両保険の自損で入るべき車とは?


自損事故などで、損害を補償してくれる保険は車両保険しかありません。


ただそれは、保険で補償したい場合の話な訳です。


要は修理のためのお金があればよいのであって、

その出所は保険でなくてもいいわけです。


端的に言うと、自腹で払えれば、貯金があれば解決です。


もちろん、車の修理費用は高額になることもありますから、

そう簡単に貯金からは出せないと思うかもしれませんが、

車両保険をつけたことによって数万円高くなった保険料を払い続けるのでしたら、

そのぶんを貯金しておくことだってできるはずです。


対人・対物賠償などは金額が予測できないのですが、

車の修理費用はある程度予測できるでしょう。


そんなに費用がかからなさそうなら、

必ずしも保険に頼らなくてもいいかもしれません。


特に、車が古くて車両保険の補償額が少なくなる場合は、

わざわざ車両保険で補償してもらう意味が薄くなります。


支払う保険料に対して、補償額が少なくて割に合わないからです。


車両保険が意味を持つのは、新車や高級車など、価値の高い車の場合です。


いずれにせよ、車両保険は保険料が高めですので、

つけた場合とつけない場合の見積もりを両方とって、

補償内容含め比較して検討するべきだと思います。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional