自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の自損でレンタカーでも証明は?

車両保険の自損でレンタカーでも証明は?


レンタカーで交通事故を起こしたり巻き込まれたりした場合、

事故への対応は自分の車と一緒です。


安全確保の後に、警察へ連絡する事になります。


ただ、その後保険会社への連絡ではなくレンタカー業者へ連絡する事になります。


レンタカー業者を通して、

任意保険を契約している保険屋さんへ連絡する事になります。


自走可能な事故であっても、

警察から事故証明が出ないと保険金が支払われず、

すべて自腹で修理しなければいけない事もありますから、

相手がいる場合や、車以外の物損がある場合は必ず警察に連絡して下さい。


そして万が一事故を起こして車を傷付けた場合、

保険金で車両を直すことになりますが、

それとは別に負担金を支払わなければいけません。


これは貰い事故によるものであっても支払う。


レンタカーでの貰い事故は必ず損をする。


NOC(ノン・オペレーション・チャージ)休業補償は、

貰い事故であっても契約者が支払うことになります。


問題は、軽い自損事故です。


この場合は警察に連絡しても、警察だって困りますよね。


警察への届け出のない自損事故は、全額自腹というレンタカー業者もいます。


では事故証明ももらえない事故や、

そもそも自覚のないへこみを作ってしまった場合はどうなるのでしょう。


レンタカーは通常車両保険に入っていますから、

軽い傷やへこみは車両保険で対応してくれます。


ただ、車両保険に加入する義務はありませんので、

必ずしも免責だけで事足りるとは言えないのです。


車両保険に入っておらず、

自損事故の場合は全額修理費を負担しなければいけないレンタカーがあるのです。


こうした自損事故の扱いは、レンタルの前に事前に説明があるはずです。


自分の身を守るためにも、保険の内容や事故の場合の対応は、

きちんと聞くようにして下さい。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional