自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の自損での修理をする時

車両保険の自損での修理をする時


「免責額」の内容はごく簡単です。

「免責額」とは、保険会社が「責任」を「免除」される金額になります。


たとえば、30万の損害の事故を起したとすると、

保険に免責額5万が設定されていれば、

保険会社から25万支払われ、残り分は自分で負担することになります。


この免責額設定にはメリット・デメリットがあります。


  • メリット

保険料が安くなる


  • デメリット

1.修理の際に免責額分の自腹を切らなければならない。


2.小額での事故の時には、翌年からの値上がり分をプラスで考えると保険が使いにくくなる

(たとえば10万の損害で5万の免責だと保険からの支払いは半分の5万。

翌年から10万保険料が値上がりするとなると使わないほうが得)。


ただし、一番重要な要素は保険料だと考えられます。


事故が無くても保険料は毎年払わなければなりません。


普通の修理屋さんであれば、

ある程度の損害額以上だと免責金額をサービスしてくれる事が多いです。


安心のために免責0の保険に入っている方も多いのですが、だいぶ保険料も違いますし、

お近くの修理屋さんを知っているなら免責金額を設定しましょう。


行きつけの修理屋さんを作ることは、単に修理金額やサービスの問題だけでなく、

保険料削減にも役に立つかもしれません。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional