自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の等級のダウンとは

車両保険の等級のダウンとは


自動車保険の割増や割引は、ご存じの通り、

ノンフリート等級」という割引または割増の制度で成り立っている。


この割引や割増のランクのことを「等級」といい、

1等級から20等級まで20ランクに区分されている。


原則として新規で自動車保険の契約をする場合には6等級から始まる

(2台目の車で自動車保険に加入するときには一部例外あり)。


保険期間が1年でこの間に無事故で保険の利用がなければ、

6等級から7等級にアップする。


無事故を続けて等級を進めていくにつれ割引率が1等級ずつアップして、

最終的には20等級まで進む。


逆に自動車事故等で保険を利用すると等級と割引率はダウンする。


自動車保険が火災保険などと異なる特徴の一つであるが、

保険料の割引率などが毎年変わっていくのはこうした制度のためだ。


旧制度では、

等級ダウンに関係する自動車事故には

次の3つのパターンがあった。


・3等級ダウン事故

・等級据え置き事故
(台風・竜巻・洪水・高潮、盗難、いたずら、飛来中・落下中の他物との衝突等)

・ノーカウント事故(人身傷害補償保険搭乗者傷害保険、弁護士特約等のみの請求の場合)


改定の要点は、自動車事故を起こして保険金の支払いが

多い契約者の負担はより増やす内容にしたことだ。


ノンフリート等級制度の主な改定ポイントは次の3点に集約される。

(1)等級係数の見直し(「無事故係数」と「事故有係数」に細分化)

(2)等級据え置き事故廃止、「1等級ダウン事故」新設

(3)「事故有係数」適用期間の新設


これまでノンフリート等級制度は等級アップや等級ダウン、

据え置き扱いなどで無事故の契約者と事故有りの契約者の割引率に差を設けてきた。


今後はこれに加えて「無事故係数」と「事故有係数」の区分が追加される。


同じ等級でも無事故の契約者と

事故有りの契約者で割引率に差が出る仕組みとなった。


また等級据え置き事故が廃止されて、

1等級ダウン事故が新設されたことも大きな負担だ。


新たに事故有係数が新設されたことにより、

事故有係数の適用期間も制度化されている。


事故に伴う保険利用により翌年以降に事故有係数が適用されるが、

3等級ダウン事故で3年間、1等級ダウン事故で1年間適用される。


自動車事故が保険期間中に続けて発生するケースもあるが、

複数の事故があった場合で事故有係数が適用されるのは最長で6年間となる。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional