自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の等級で自損の時には?

車両保険の等級で自損の時には?


自動車保険は1年間使わなければ翌年の等級が1つ上がり、

それと共に保険料が安くなります。


しかし、事故を起こして保険を使うと、翌年の等級が下がり、保険料が上がります。


このことは、自動車やバイクを運転する方はよくご存じのことと思います。


では、自分で車をぶつけた時の修理代を、

車両保険特約で賄っていたらどうなるでしょうか? 


ちなみに、加入していた自動車保険の保険料は年間8万円とすると、

保険を使わない場合、今後4年間に支払う保険料の総額は約30万円です。


これに対して、

5万円の修理代を保険で賄ったと仮定すると、

保険料は4年間で43万円にも跳ね上がります。

その差はなんと13万円です。


もしも保険を使っていれば、目先のお金は払わなくて済むけれど、

後々の保険料負担が重たくなります。


つまり、修理の際には、保険を使わずに自分で5万円払って修理をしたほうが、

その後の保険料は安くなるから、トータルではお得だったのです。


僅かなキズやヘコミなどの修理の時には、

車両保険を使う前に、保険会社の担当の人に相談をしたほうがいいです。


目先の金額よりもトータルで考えることを勧めします。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional