自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の料率クラスとは?

車両保険の料率クラスとは?


自動車の保険料は、

車の年式、グレード、排気量、事故率などで決まります。


過去に起こした事故の回数や大きさ、その時に保険会社が

どのレベルの保険金を償ったのかなどを考慮します。


その車種を形態・年式・グレードなどによってわけます。


対人賠償保険対物賠償保険人身傷害補償保険搭乗者傷害保険


車両保険の担保種目ごとに危険を保険料が

安直「1」~保険の掛金が高くなると、「9」までのランキングに分けています。


これを「型式料率クラス」といいます。


この数値が大きいほど保険料が高くなります。


各クラス間の保険掛金の差分は、約20%位地です。


この「型式料率クラス」を礎に

マイカーの保険料を算出する判定基準と成していますので、

事故の多大な車種は保険掛金が上がります。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional