自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の免責金額とは?

車両保険の免責金額とは?


車両保険と等級に関係するのは、

保険を使った回数とそのときの事故の種類によって決まってきます。


通常1回の事故で3等級下がる事になります。


事故の種類によっては

据え置き(次年度も同等級)や

ノーカウント(事故があっても数えない。

これ以上事故がなければ次年度は等級がひとつ進行)

もあります。


一方 免責金額というのは、

保険を使う際の契約者の自己負担額のことを言います。


これ自体は等級と何も関係がありません。


今回は保険を使う事によって、次年度は現等級-3等級が適用されます。


また支払われる保険金は損害額(修理費用相当額)-5万円という事になります。


皆さんが自動車保険会社の書かれているように支払われる保険金と

次年度以降予想される保険料と比較して

保険使用の有無を判断するのもひとつの方法です。


しかし、今保険金として下りる金額を自己負担する余裕がなければ

当然保険を使う事になるでしょう。


保険を使えば当然保険料は高くなりますし、

その差というのはこの先ずっと続く事になります。


少なくても最高の割引になるまでは影響があります。


といっても修理費用相当額を

分割で負担するといった考え方もできると思います。


事故形態で一番多いのは追突ですので、免責0もメリットはあります。


また、昨今は無保険車両も多く、相手の過失分が必ず回収できるとは限りません。


免責0にするかしないかで保険料に大きな差があるならともかく、

数千円程度の差なら免責0にしておいたほうがいいと私は思います。


また、「免責0特約」は少々時代遅れの特約で、

今は「免責0-0」にするのが一般的です。


「免責0-0」であれば、車同士の事故以外の

盗難、いたずら、飛来物との衝突なんかも自己負担なしで済みます。


この辺りは自分の価値観でお決めになってください。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional