自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の免責の設定で保険料に差がつく

車両保険の免責の設定で保険料に差がつく


愛車をしっかりと守りたいという人は、

車両保険への加入を検討されていることは必須でしょう。


しかし、車両保険に加入すると、

自動車保険の保険料が高くなってしまうのも誰でもご存知です。


大切な愛車をしっかりと守りたいという気持ちはあるものの、

車両保険の加入には高いお金が掛かってしまうことが

ネックになる人も多いのではないでしょうか。


そこで、ぜひ知っておきたいのが「免責金額」の設定方法です。


車両保険免責金額を設定すると、車両保険が必要な事故で保険を利用する場合に、

修理費などの一部を自己負担することになりますが、保険料は割安になります。


例えば、修理費が20万円かかるときに、

車両保険免責金額を10万円にしておくと、

20万円のうち10万円は自己負担、

10万円は保険金を受け取れるという仕組みです。


免責金額は、1回目の事故と2回目以降の事故を分けて設定するのが一般的です。


1回目の事故の免責金額が5万円で、2回目以降は10万円と設定した場合、

自動車保険では、通常「5万円-10万円」「5-10」などと表現されます。


ただし、免責は無制限に上げられるわけではなく、

ほとんどの保険会社では免責の最大額を20万円に設定している。


免責金額のおもな設定例を下にまとめたので確認してみましょう

一番上の設定が最も保険料が高く、一番下が最も保険料が安くなります。


車両保険 免責金額の設定例

●0円(免責ゼロ特約)-10万円
●5万円-10万円
●10万円-10万円
●15万円-15万円


※ 詳しくは、あなたの加入している自動車保険会社に確認して見てください。


この機会に自動車保険の見直しをしてはどうでしょう。

無料一括見積りはこちらから↓↓↓


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional