自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の保険金額を設定するとき

車両保険の保険金額を設定するとき


車両保険はもちろん入っていたほうがよいが、

全体の保険料のなかでも比較的大きな額を占める部分なので、

悩めるところです。


車両保険を安くする方法としては、運転者の年齢条件や、

家族限定といった特約で運転者を制限する。


年間走行距離やゴールド免許、ABSといった安全装置の有無でも車両保険は変わる。


また、車両保険の補償範囲を限定することで保険料を下げることもできる。


車両保険の種類は、保険各社によって異なるが、

主に「一般」「車対車(エコノミー)+A」「車対車(エコノミー)」の3種類がある。


一般はクルマ同士の事故の他に、自損事故や当て逃げ、

さらにアクシデント、つまり火災・爆発などによる被害や、

落書きといったいたずら、飛び石でのガラス破損、

物の飛来・落下による損害も補償範囲に含まれる。


また台風・洪水・高潮によって浸水した場合も補償される。


車対車+AのAはアクシデントの意味で、クルマ同士の事故のほか、

上記アクシデントが補償される。


最後に車対車はそういったアクシデントを補償範囲から除いたものとなる。


免許取り立ての運転者がいる場合は一般がオススメだが、

慣れた運転者のみなら車対車+Aなどにするのもよいだろう。


さらに免責金額車両保険を安くするポイントだ。


通常おすすめは免責5万円だが、

これを15万円まで上げることができ、そうすると保険料は安くなる。


ちょっとした小傷は気にせず、

全損のときに新しいクルマを買うための補償と割り切ればこれで十分だろう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional