自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険の保険金額を上限で設定すること

車両保険の保険金額を上限で設定すること


自動車保険の中の「車両価額協定保険特約」は多く車両保険に自動付帯している特約です。


契約時の「市場販売価格相当額」を、

保険期間中の保険金支払い上限として設定しておくためのものです。


もしも、保険期間中に車の価値が下落したとしても、

補償の上限は契約時の金額が維持されるということです。


車両保険では、

基本的に事故が起きた時点での車の時価額以上を補償してくれません。


「車両価額協定保険特約」が付いていないと、

たとえ自動車保険に加入するときの時価額が200万円だったとしても、

半年後に時価額が150万円に下落していると、

150万円以上の補償を受けられなくなってしまいます。


しかし、車の価値が簡単に変動してしまっては、

車両保険に最適な保険金額を設定することができません。


そこで、ほとんどの車両保険に自動付帯しているのが「車両価額協定保険特約」。


契約時に車の補償上限額を決めておけば、

契約時の時価額が200万円だった車が、

半年後に時価額が150万円になったとしても、

200万円の価値のある車として補償を受けることができるわけです。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional