自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険に入るべきか?

車両保険に入るべきか?


事故で自分の車が、壊れるリスクを補償する「車両保険」については、

どう考えればいいのでしょう?


車両保険をつけると、保険料は一気に上がってしまうから、

「どうせ掛け捨てだし、早々事故を起こさないから、いっそ外してしまおうか?」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

次にあげる方は、車両保険に入ることを検討する必要がある人です。


1 運転免許を取ったばかりの人

2 運転に慣れていない人

3 新車・高級車を購入した人

4 ローンやリースを利用している人


この中で、1と2の人は、事故を起こすリスクが高いので、

車両保険の加入を検討したほうが良いと思われます。


また、ローンやリースで、新車を購入した人は、

ローン会社から「車両保険に加入しておいてください。」

と言われることが多いです。


借金をして新車を購入する人の中には、手元に貯金がなく

もし何かあった時には、自分の車の修理代さえも

都合がつかない人もいると思います。


その逆に、「起こしたとしても、小さな事故で数万円程度なら、

わざわざ保険に入らなくても、自分の貯金出直しから」

と考える人もいます。


要するに、車両保険に入るか否かは、

2つのことが重要になってきます。


まず1つは、自分が事故を起こすリスクの度合いが、

どの程度のものかを考えること。

(クルマの運転に自信があるかどうか)

もう1つは、修理代が必要になった時には、

手元に貯金から払えるのか、

それとも保険に頼ったほうがいいのか。

(自腹で払えるかどうか)

総合的に考えてみる。

この2つはあなた次第です。

多少の修理代は貯金で対応できるなら、

車両保険は見合わせてもいいでしょう。


反対に、すぐに修理代が用意できず、

長時間車が使えなくなると、

仕事や生活に支障をきたす様なときには、

車両保険でカバーしておくことが賢明です。


ただし、「新車だから」という理由で、

車両保険に入るのは、いかがなものでしょう。


保険料はただではありません。


何でもかんでも、保険をつけていては、

いつまで経っても自分にとって

本当に有利な保険を組むことができないからです。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional