自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険で全損の際に時価だけなのか?

車両保険で全損の際に時価だけなのか?


車が全損になったとして、

保険会社からその車の時価額だけ補償されたとしましょう。


中古車市場で運よく同じような車が買えたとして、

それだけで、はたして車は動くでしょうか。


車はそれだけでは公道で運転はできず、

法律的な手続とその費用がさらに必要になります。


つまり、登録費などの車両購入諸費用を支払い、

法律上の手続が終わったのち、

ようやく車を路上で運転することが可能になる。


きわめて当たり前のことですが、そうしないと、

事故前の原状に復したとはいえないわけです。


裁判所も同様の考え方をしており、

車両購入諸費用としての、

自動車取得税・自動車重量税・法定車両検査費用・法定車庫証明費用・

登録手続代行料・車庫証明代行料・納車代、消費税を認めています。


認めていないのは、

自動車税や自賠責保険料、自動車保険料ですが、

これはいずれも還付請求が可能だからです。


車が全損になっており、

そのため新たに車購入の意思があれば、

以上の費用は当然に認められます。


さらに、廃車・解体費用についても同様です。


また、事故車の残存車検費用についても、

残存期間に応じての請求が可能です。


ただし、事故車のスクラップ代については、

事故車の所有権が保険会社に移転することから、

その分は差し引かれるかもしれません。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional