自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険での全損と分損の保険金について

車両保険での全損と分損の保険金について


事故によって自動車が破損した場合に受けてる保険金の内容は、

「全損」と呼ばれる、自動車が修繕不可能な状態になった場合と

「分損」と呼ばれる、一部の損害があるものの全損までには至らない状態とで変わってきます。


全損の場合は、損害保険金を全額受け取れるほか、

「全損時諸費用担保特約」を契約していた場合は

事故車の廃車費用や、新車購入時の登録費用も追加で受け取れます。


分損の場合は、自動車の修理費に応じた保険金を受け取ることができます。


ただし、全損・分損に関わらず酒酔い運転や無免許運転、

麻薬などを使用して運転した場合の事故や、

地震や噴火、津波などによる損害の場合は

保険金は支払われません。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional