自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険での保険金額を時価で考える

車両保険での保険金額を時価で考える


車両保険に加入しているものの、

時価の低い車の場合には車両保険の付帯そのものを再検討する必要も出てくる。


車両保険は補償範囲が広い一般条件などにすれば、

車両保険のない契約と比較して保険料が倍くらいになることもある。


保険料の安いタイプの車両保険にしたり、

車両保険を契約しない選択なども含めて検討したい。


時価の高い車両や車をカーローンなどで購入している場合には

車両保険の必要性は高まるのでこうした点にも留意することが必要だ。


事故があって保険料負担が増えるときには、

今回の改定を未実施の損害保険会社で契約することも一つの方法だ。


もっとも未実施と言っても、将来も導入しないかどうかは不明瞭な点が多い。


自動車保険の改定は、もともと無事故の契約者と

事故有りの契約者の不公平感を是正する目的で行われている。


同改定を未実施のままの損害保険会社には、

事故有りの契約者が流れてくることが予想される。


それを考えると、遅かれ早かれ損害保険保会社で導入されると考えるのが自然だろう。


事故があったときには翌年以降の自動車保険のプランをどうするのかを

満期を待たずに早い段階で検討しておくといいだろう。


自動車保険の改定は周知期間や2年間の経過措置期間を経て改定されるため、

ここ数年は自動車保険の割引率の動きを確認して進めることが必要だ。


自分のノンフリート契約の等級の現状と自動車保険の内容を確認しつつ、

状況に応じて柔軟に対応することが今後の自動車保険を上手に活用する方法と言える。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional