自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険での保険金額の目安を免責で考える

車両保険での保険金額の目安を免責で考える


免責をつけるかどうか、考える目安とは?


まず、保険には、さまざまな機能があるのですが、

もっとも基本的な「想定するリスクが発生した場合の損害額に対し、

少額な保険料で備えておく」という機能のみに絞って考えます。


この保険の基本機能は、事故を防止してくれませんし、

壊れたものを直してもくれません。


事故に対し、保険金というお金で損害をカバーするために、

保険料という少額なお金を前もって支払っておき備えるというものです。


つまり、保険の基本機能はすべて「お金」に関することなので、

お金のみに焦点を絞れば、適正な免責金額の目安を知る事ができます。


その検討方法は、

1.想定する事故(リスク)の発生頻度を仮定してみる

その事故は、5年に1度あってもおかしくないか、

または一生に一度あるかないかというものなのか、

ということを仮定してみます。


2.そのリスクに対する出費の総額を考える

出費の総額とは、一定期間の保険料の総額と、

事故が発生した際に出費があればその合計金額となります。


この総額を免責金額なしの場合とありの場合を比較して、

より少ない金額(リスクに対する出費の総額)

になるように免責金額を設定すればよいといえます。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional