自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 金額について

車両保険 金額について



画像の説明


車両保険額とは、車両保険の保険金額の事です。



任意の自動車保険に加入するとき、車両保険金額というのを記入します。


この額はどれだけくらいに設定すれば健全のでしょうか?



基礎理念的には、車両価格(時価)が車両保険金額に懸ります。


年式やモデル、グレードによって、金額のはばがありますので、
そのはばよりも高くても低くても、加入をしてくれません。



実際のご購入金額や前年度の「車両保険額」を参考に、
画面に表示された車両保険金額の範囲の内から判断してください。



車両保険の金額は【車両標準価格表】と思いやる一覧表の書物があって、そこによって決まっています。

  • その金額は、「車両価値」、「製造された年」、「その車の事故発生率」などによって計算されています。


    したがって、車両保険の保険掛金は運転手ごとによって変ってきますので、
    価額がどれくらいなのかは一概には教えてくれないのが真面な所です。

車両保険金額も申込み方



車両保険金額は、車両価格より1つ多めに申し込みましょう。


車両値打付加10~20万ほど高く組み入れるのであれば、
そこで加入した方が好ましいです。


保険料の違いは、大したでき事はありません。


車両保険にも2通りが在します。


ナンバーワン高いのが「一般車両保険」で、
車同士の事故でない、自損事故でも保険金が酬いれます。


標準的なのが「エコノミー車両保険」です。



エコノミー車両保険は、
他自動車との接触事故や衝突事故のケースのみ、酬いれます。


当て逃げや単独変事、自動車以外の物との間違え、
災害などによる損害に対しては補償されません。


一般車両保険に較べて、車対車の間違えに限定されているので、
保険掛金は割安となります。


また、免責金額(自己負担する金額)を高く設定すると
保険料を抑えられます。


オールリスク型とエコノミー型のどちらが得か?



車両保険には、種類があり、保険会社によって名称が違いますが、

一般的に、「オールリスク型」と「エコノミー型」の

2つのタイプに分かれます。

オールリスク型とは、

通常「一搬車両保険」と呼ばれるもので、

車対車の衝突事故、火災、爆発、台風、などの自然災害、

自動車との衝突、接触事故、ガードレールにぶつかった時などの

自爆事故、当て逃げまで、

ほとんどの事故による車の修理が補償されるのが、

「オールリスク型」です。


ただし、保険料は割高になります。

エコノミー型とは、

基本的に車同士の事故の他、飛び石による窓ガラスの破損、

盗難、落書きなどに限定して補償されるのが、

エコノミー型です。

例えば、


車庫入れをしている際に、門扉にぶつかってしまった時、

エコノミー型の時は、修理代は自分で負担をしなくてはいけません。

つまり、


割高な車両保険の補償範囲を限定することで、

なるべく安く抑えるのが、エコノミー型の車両保険です。

そこで


安いエコノミー型を選ぶか?


それとも、割高だけれども、どんな事故でも支払われる


オールリスク型にするか?


二択となりますが、

結局それは自分のお財布との相談というわけです。

もし、事故を起こしてしまって、

自分の車の修理代が幾ら掛かっても、

貯金などを使って賄える金銭的な余裕があるなら、

そもそも車両保険は必要ないと言えます。

オールリスク型をつけて年間6万円かかる自動車保険が、

車両保険を外せば、年間3万円で済むとします。


その差額は3万円です。


5年間で15万円になり、

2台なら、30万円にもなります。

15万円と言えば、バンパーを1回交換するくらいの金額になります。


もし、5年間、無事故だったら、その分は掛け捨てたことになってしまいます。

貯金で対応できるのであれば、車両保険はなくてもいいのかも・・・・


あるいは、安いエコノミー型にしておけば安心でしょう。

ただし、エコノミー型の注意したいことが

車両同士の事故であっても、

当て逃げ」には、保険金が出ないということです


基本的には、車同士の事故でも、

ナンバープレートが確認できないと、

保険金は支払われません。


例えば、


駐車していた車をぶつけられたけども、

相手がどこも誰だかわからないといった時には、

悔しいけど修理代は全額自腹となってしまいます。

余談ですが、


高級車に乗っている方にですが、

事故に遭い、チャットした修理に、

数百万円も修理代がかかった人もいます。

高級車は迷わず「オールリスク型」を選んでくださいネ。

車両保険金額とは?



ご契約のお車の市場市販価値相当額を基に、

車両保険でお費消する保険金の限界額として定めるものです。



お車のグレードによって度合が御座いますので、

実際の車両購入額や仕様、昨年までの車両保険金額などを引照に、

表示された車両保険金額の内からお選りください。


市場販売価格相当額とは?



ご契約の車と斉一車種・車名・型式・仕様・初度登録年月日または年式などの車を

自動車販売店などがお客さんさまに出荷する店頭渡現金販売価格相当額をいいます。


税金、保険料、登録などに導く出費などは市場販売価格には組み入れれません。


ただし、消費税は市場出荷価格に組込まれます。


初度記帳年月とは?



車検証の「初度登録歳月」欄に記入のあるお車を、最初に記帳をした年月日をいいます。


中古車を購入された時の年月や、車検を受けた年月日ではありませんので、ご注意ください。


軽自動車の時は、初度検査の年月をご入力ください。


猶且つ、軽自動車の時で車検証上に「月」の記載がない時は、

初度調査年欄の「年」と「有効性期間の満了する日」勾欄の最上段に

記帳されている年月日の「月」を合せてご入力ください。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional