自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 免責の全損と分損

車両保険 免責の全損と分損


車両保険の対象事故は全損と分損があるのは知っている方が多いと思います。


あらためて整理してみますと、

全損とは修理が不可能な場合、

または修理金額が保険金額

(つまり自家用自動車の場合は協定保険価額)

を超える場合に全損扱いとなります。


また盗難も全損のひとつです。


これに対して分損は、全損に該当しない事故です。


つまり修理金額が保険金額を下回る程度の事故ということです。


また全損とは、別の言い方をするなら、

保険会社が保険金を支払って事故車両を買い取ることでもあります。


全損の場合でも、修理して乗り続けたい愛着のあるクルマなら、

修理支払限度額を契約時に設定するか(それが可能な契約に限られるが)、

全損時修理特約を付保しておくかが必要となります。


全損の場合、なかにはギリギリ分損扱いにしてもらって、

乗り続けたいと考える方もいるようですが、

基本は上記のとおりとなりますので、

特別な対応については個別に確認するしかないでしょう。


では全損事故と分損事故で支払われる

車両保険の保険金の違いについて見ていきますが、

車両保険の保険金はどうやって決められているかについてです。


自家用自動車の車両保険金は、

保険会社共通の自動車保険標準価格表をもとに金額が決められます。


この価格表に記載されている単価には車の型式・年式・仕様などにより、

価額に一定の幅があります。


ですから同じ車種であっても、保険価額には違いがあるわけです。


そして自動車保険標準価格表をもとに決まった保険金額は、

保険契約期間中(長期契約でなければ1年間)ずっと同じ額が適用されます。


自家用自動車に関しては、

車両保険の保険金とは、協定保険価額であると考えて問題ありません。


では全損時に支払われる保険金についてですが、

契約している車両保険金額が全額支払われます。


たまに全損時は保険金額か保険価額のうち低いほうの金額が支払われるとする記述が見られますが、

上記のおとり、保険金額は協定価額と同義とも言えるものですから、混乱のもととなります。


保険証券を見ると、車両保険の保険金額が記載されていますので、

私たちは、その金額を頭に入れておけば間違いありません。


また全損を正しく理解する上で忘れてはいけないのは、

全損とは賠償事故として相手から見た全損と、

自身の車両保険からみた全損があるということです。


相手が追突してあなたのクルマが損害を被ったという場合、

相手方の保険会社は事故が発生した時点での時価評価で査定してきます。


もちろんその時価評価の査定額は、

あなたが契約した車両保険金額を下回ることになるでしょう。


しかしこの事故で全損した場合、

クルマの買い換えが発生するわけですから、時価評価での査定額では、

壊されたものと同等のクルマを買い換えできないことになります。


でも相手方の賠償保険では時価評価でしか出してきませんので、

足らない分を自身の車両保険で出すことになるのです。


相手がなく自損事故で全損となった場合は、

全額自分の車両保険から保険金が支払われることになるので、

保険会社としてはいちばん頭の痛い事故になるかもしれません。


でも自損事故だとしても、保険金が減額されるということではないのです。


ただし、車両保険の契約が自損事故もカバーしている

一般車両保険などの契約になっていなければ、

車両保険からは1円も保険金は支給されませんので、

限定契約している方は注意してください。


このように全損事故は、それが不正などがなく保険対象事故であれば、

かならず保険金額は全額出ますし、全損時臨時費用特約を付保していれば、

保険金額に関わらず、別途臨時費用保険金も支払われます。


新車特約をつけている契約でなければ、

保険金額相当の中古車に買い換えることになるわけですが、

全額車両保険で支払ってもらえることには変わりありません。


つぎに分損時ですが、分損事故は修理代が保険金を上回らない事故となるわけで、

全損以外の軽微な事故などもすべて分損事故ということになります。


分損事故で支払われるのは、修理代実費です。そして多くても保険金額を上限とします。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional