自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 自爆

車両保険 自爆


自爆(自車単独で何かにぶつけて損害を被ること)や、

当て逃げのときの損害には車両保険は支払われない

というように事故の内容によって制限する方法です。


多くの保険会社で「車対車+A」と呼ばれている車両保険です。


ちなみに自爆や当て逃げもおりる車両保険のことは

「一般」と呼ばれています。


「車対車+A」にすると、かなり保険料が下がります。


「車対車」というのは、

車と車の事故に限定して保険が支払われるという意味です。


それなら、相手が車である当て逃げは、

なぜ保険が支払われないのかというと、

当て逃げは相手のナンバーが確認できないため、

ほんとうに車にぶつけられたという証拠がないためです。


最近では、ドライブレコーダーをつけてナンバーを録画して、

証拠にする人も増えてきました。


ですから、当て逃げでも逃げるところを捕まえたり、

犯人が見つかれば車両保険は使えますが、

犯人を捕まえたら、普通その犯人に、

損害分は支払ってもらうと思うので

あまり車両保険の意味はなくなってしまいます。


ところで、「+A」は何でしょう?


この+Aとは「車両危険限定担保特約A」のことで

ずいぶん略されていますが、内容は火災、爆発、盗難、

落書き、いたずら、飛び石等の窓ガラスの破損など

限定した事故に関する車両損害に対して補償する保険です。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional