自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 自損事故

車両保険 自損事故


自損事故って、どんな事故のことを言うのですか?



自らの過失で自動車事故を起こしてしまうこともあります。


例えば、



よそ見をしていてガードレールに衝突してしまった折、

過失は全て自分にあります。


その折の事故を、自損事故といいます。

画像の説明

自損事故保険とは?



自損事故は相手がいない為対人賠償保険が適用されません。


そのため、損害を受けた出費は全て自分で負担しないといけません。


ただ、自損事故保険に加入していると、そのような折に補償してくれます。



そのため、相手を守るというよりも、ドライバー自身を守る保険だと思って結構でしょう。


具体的にいうと


停まっている車両に衝突した折、相手には過失が全く無いから、

自らが100で相手が0の過失になります。


このように過失が全て我にあった時でも、補償されるのが自損事故保険です。


運転初心者や運転に自信が無い方は、自損事故保険に加入しておいた方が最善でしょう。



自損事故保険の保険金には上限があります。


ただし、自損事故保険には支払われる保険金の上限が決まっています。


死亡事故の時は1500万円、後遺症障害の時は50万円~2000万円、

介護に要用になった折は200万円~350万円、

医療保険金として、入院1日につき6000円、通院1日につき4000円が支払われます。



そして、一般的に自損事故保険は、任意保険に加入すると同時に契約されます。


しかし、自動車保険会社によっては、同時契約されない折もある故事前に確認されてください。



また、現在加入されている自動車保険自損事故保険が含まれているのか如何か気になる方は、

きちんと自動車保険会社に確認を取りましょう。


保険を使った時



・次年度に適用されるノンフリート等級が17等級になる。

(等級による保険料への影響は小さい)


・今年度中にもう一度事故を起こした際、車両保険の免責が10万円になる。


・今年度中にもう一度事故を起こすと、

保険会社によっては「事故多発契約」とみなされ、

次年度以降の契約に条件がつけられたりすることがある。

保険を使わなかった時



・等級は現在最上級なから、等級によって割引率は変わらない。


・車両価や料率・クラスの関係で保険料は増減すると思われる。

もちろん補償内容や付帯サービスに見直しがあれば保険料は変化する。


保険料と損害額の比較からなら、保険を使用しても問題はないと思われます。

ただし残存の保険期間がまだかなりあるから、

そちらのリスクも知っておく必要があります。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional