自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 等級ダウン

車両保険 等級ダウン


基本は3等級ダウン

保険で保険を使用すると、基本的には3等級ダウンします。

1等級ダウンになる時


自然災害などでは、1等級ダウンになる事があります。



たとえば…


台風・強盗・火事・爆発・飛来中又は落下中のは品物との衝突・いたずら書き・イタズラで窓ガラス破損

ノーカウント事故になる場合


保険を使っても等級がダウンしない「ノーカウント事故」もいります。



たとえば…

自動車事故弁護者費用等安全保障特約

ファミリーバイク特約


等級ダウンに加えて「事故有係数」のペナルティーなど

改変の主意は、自動車事故を起こして保険金の支払いが

沢山契約者の受け持ちよりも増す内容に変じたことだ。

ノンフリート等級制度の主な改定ポイントは次の3点に集約される。



(1)等級係数の再評価(「無事故係数」と「事故所有係数」に細分化)

(2)等級据え置き事故廃止、「1等級ダウン事故」新設

(3)「事故有係数」適用継続期間の新設



これまでノンフリート等級制度は等級引き揚げや等級ダウン、

据え置き扱いなどで無事故の契約者と

事故生じの契約者の値引き率に差を計らった。

事後はこれに加えて「無事故係数」と

「事故有係数」の区分が追加される。

同じ等級でも無事故の契約者と事故起した契約者で

割引率に開きが現ずるシステムと成った。

等級によって異なるがどれよりも割引率の開きがおおきいところで20%強、

小さい所で10%程、割り引き率が変わる。

その目的は事故があった折の保険料負担はずっとでかくっなる。

なお、無事故係数と事故有係数の開きがでるのは

7等級以上の継続契約だ。

もともと事故が多く割引率が低い1~5等級

(6等級・7等級の新契約を含む)

では無事故係数と事故有係数の開きは起っていない。

また等級置き換え事故が廃止されて、

一等級ダウン事故が新設されたでき事も大きな負担だ。

小石などの飛来に伴うガラスの破損はよくいるアクシデントだ。

修理代金も車によって変わるものの

10万円から15万円位である出来事が数多い。

大きなき損ではないが等級据え置きのため、

これまでは保険を使いするのが一般常識だった。

此からはこうしたケースでも

自動車保険を代用しない選択が増えてくる事が予見される。

新たに事故有係数が新設された事により、

事故有係数の適用年数も税制化されている。

事故に伴う保険活用により翌年以降に事故有係数が適用されるが、

3等級ダウン事故で3年間、1等級ダウン事故で一年間適用される。

自動車事故が保険期間中に続けて発生するケースもあるが、

複数の事故があった時で、

事故有係数が適用されるのは最長で6年間となる。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional