自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 等級 据え置き

車両保険 等級 据え置き


自動車保険証券(車両保険)で報う保険金は、

等級によって決定します。



(条目は、「等級と支払金額の変動について」をリファレンス)

そして、この自動車保険証券(車両保険)の等級は、

事故を起こして保険を使用たびに、着々等級が弱化して、

翌年支払う保険金が引き上げしていきます。



自動車同士の衝突などで車両保険を使用した時も等級は悪化します。

逆に、無事故で保険金を費さなければ、等級が改善して、保険金は安くなります。

しかし、事故を起こして、保険を適用しても、等級が落ち込まない場合があります。


そのうちのひとつに、「等級据え置き事故」があります。


簡易に解き明かすと、

「火災や盗難など、ドライバーが通常では避けられないような事故」

などが該当します。

「等級据え置き事故」のケース



一般的な「等級すえおき事故」とはどの様な事を言うのでしょう。。


1.火災または爆発(他物?飛来中または

落下中の分を除く衝突もしくは接触または

横転もしくは落下によって起りた火災または爆発を除きます)。



2.盗難



3.紛争または労働争議に結びつく暴力行為または壊滅行為



4.台風、竜巻き、大水または高潮



5.落書またはショーウインドーガラス損傷


6.飛来中または落下中の他物との衝突


たしかに、これらは事故と考えるよりアクシデントのような物ばかり。

これで、車両を修理するために保険を活用して、

翌年の等級が増ししたら、所有者としては、納得がいきません。

等級すえおき事故の注目事項について


前提条件として、加入いる自動車保険の契約書内容で、

これらの事故が補償の程内に込んていること。



車両保険は、エコノミー保険と一般保険などに区分されていることが多く、

単独事故や飛来物、落下物との衝突、盗難など、契約内容によっては、

補償の範囲外になる事があります。



まずは、車両補償の契約内容を確認しましょう。


契約書更新の時期であれば、
他の保険会社を調べてみるのもいいでしょう。


等級据え置き事故・・・あくまで、「据え置き」に付き、

保険を適用した時、翌年の等級は、今の等級と同じ等級になります。

やはり、自動車事故で保険を使用した時、

一般的には、3等級分は、まずくなりますから、

「据え置き」はぜひとも有効です。



車両保険を付けている時には等級がそのままは心強いことです。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional