自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 免責 当て逃げ

車両保険 免責 当て逃げ


「当て逃げ」の被害に遭った場合、

事故の相手方を特定できないことがほとんどです。


当て逃げに遭った被害者が利用できるのが、

自分が加入している任意保険の「車両保険」です。


車両保険は、交通事故などによって自動車に生じた損害を補償するものなので、

事故の相手方がわからなくても、保険金を受け取ることができるのです。


車両保険」に加入する際に免責金額を設定していると、

全損の場合を除き、自動車の修理費用が免責金額を超えない限り、

保険金は支払われません。


保険料を抑えるために免責金額を高く設定すると、

軽微物損事故のときに車両保険が使えないことがあるので、

注意しましょう。


また、警察への届出は忘れず行いましょう。


事故の相手方が後日、警察に出頭するなどして、

相手方を特定できる可能性もあるからです。


相手方が判明し、「対物賠償保険」に加入していれば、

対物賠償保険を介して損害を賠償してもらうことができます。


ただし、すでに自分の車両保険から保険金を受け取っている場合、

事故の相手方に修理費用を請求する権利は、

車両保険から支払われた保険金の範囲で、

任意保険の保険会社に移転しています。


その範囲に関しては相手方に賠償を求めることはできません。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional