自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 保険金額

車両保険 保険金額



画像の説明

自動車保険には対人、対物と様々な保険種目がありますが、

悩みのタネとなるのが自分の車を守る車両保険

保険料が高くなるので加入に躊躇しますが、

加入しなければイザという時には困ってしまいそうです。


まずは内容を知ってご自身に必要かどうか検討しましょう。

車両保険のタイプは大きくわけて2つ


一口に車両保険と言ってもそのタイプは次の2つがあります。


■一般タイプ

標準的な車両保険です。

他の車との事故はもちろん、当て逃げ、単独事故でも補償されます。

また、盗難やいたずらなどの人災、台風、洪水などの自然災害(地震を除く)、

走行中の飛び石なども補償範囲です。


補償範囲が広い分、保険料が高くなります。


■エコノミータイプ(車対車+A)

一般タイプよりグレードダウンした補償内容で保険料は安くなります。


一般タイプとの大きな違いは単独事故と

当て逃げ(相手が特定されない事故)が

補償されない点。車同士で事故を起こして、

相手がきちんと確認できれば良いのですが、

万一逃走してしまったら車両保険が使えません。


車の価値に応じてつけるか、つけないかを決める

ありがちなケースに「新車購入時に車両保険を付け、

10年間見直しをしていない」というような例があります。


仮に新車価格が250万円の車でも、

10年も経過すれば30~40万円程度の補償が精一杯でしょう。


これは車の価値が年を経るごとに減価償却するため。


こうなると保険料が高いのに補償は少ない状態です。


更新時などに現在の車の価値を確認されてはいかがでしょうか。


車両保険のタイプは年数に応じて変える


車両保険に加入した後、

車両の経過年数によって毎年見直しをしていくと、

コストと補償のバランスを取ることができます。

目安は以下の通りです。


■新車時~3年程度「一般タイプ」

万全の補償で愛車をしっかりガードします。


■4~5年程度「エコノミータイプ(車対車+A)」

単独事故、当て逃げは補償なしですが、

保険料を抑えつつも盗難などはカバーできます。


■5~7年程度「車対車」

エコノミータイプから盗難や自然災害の補償も外したタイプです。


つまり車同士の事故で相手が確認できる場合に限定されます。


しかし取扱の保険会社は少ないので確認が必要です。


■8年~「車両保険ナシ」

車両の減価償却に伴い、車両保険を外します。


保険料は軽減されますが、車両への補償は受けられません。


なお、上記はあくまで一例です。


保険のタイプ、

経過年数による減価償却については保険会社にご相談ください。


最終判断は見積もりで!


現在の契約で車両保険を付帯していれば、

更新案内にも「車両保険アリ」の保険料が送られてきます。


「一般タイプからエコノミータイプ」、

また「エコノミータイプから車両保険ナシ」

とした場合の見積もりが無い場合、

保険会社に電話してみましょう。


「一般タイプからエコノミータイプに変更して計算して欲しい」

とリクエストすれば即座に見積もりを出してもらえます。


具体的な金額を確認して最終判断されてはいかがでしょうか。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional