自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 中古車

車両保険 中古車



画像の説明

中古車でも当然ですが車両保険に加入することは可能



条件は、車種によっては思いがけず

高額な保険料を提示される事になるようです。

車両保険が高い車種は新車も中古車も変わらないのですが、

欲しかった中古車を安く買ったは善いけど

車両保険が高くて保つするのが深刻…ということもありえます。

車両保険は必要経費だからしょうがないと思えれば結構なのですが

年数万円~数十万円も釣り合わないとなると

心の準備も必要かもしれません

クルマの時価は、年月とともに落ちこんてきます。

車両保険証券の保険金額は原則この払いによって定まる為、

中古車の時、少額でも車両保険を付けておくべきか迷う所でしょう。



車両保険とは、契約しているクルマが、

偶然の事故によって損害を受けたときに

修理代などが報いれる保険です。

保険金額が支払の最大値になっているから、

修理代が50万円かかったとしても、

そのクルマの保険金額が40万円であれば、

廃車手当てに成しても40万円しか受け取れません。

ただし、今日此の頃では「車両新価保険特約」

(修理費が新車価値の50%以上なら再購入費が支払われる)や

「修理支払限度額設定特約」

(修理費が時価額をこえても実費が支払われる)

などの特約もとに

目新しいクルマを対象に充実しています。

改修にかかる費用などの相場を裏づけした上で、

必須であるか否かを重々に検討してください。

車両保険料に関しては等級や齢でも違ってきますから

一概に金額は書けませんが、

この車種は高いと思う車を紹介したいと思い起します

ぜひ、照考に成してみてください。

車両保険が高い車種


車両インシュアランスはその車種の過去の事故率や

修理費から保険会社が算定して九つのクラスに別けられます。



この等級が高いほど車両保険の保険料が高くなります。



クラス1の車種としてはトヨタで言うと

カローラーの一部グレード。

クラス2としてはヴィッツの一部グレードです。

クラス9としりてはマジェスタの一部グレードや

スポーツ系の車のクラスが高くなります。



車両保険の利率は1年ごとに見直されます為、

その回保険掛金が変動します。

また、上記車両以外にも保険掛金が高い車は

数多く影響しますので詳細は契約をしている

保険会社に問い合わせください。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional