自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

車両保険 の等級を割引率を診てみる

車両保険 の等級を割引率を診てみる


新規に自動車保険に加入した年に、事故を起こした場合に、

いくらまでのコストまでだと自己負担したほうが得か調べてみました。


等級と割増引率の関係は契約した時期にもよりますし,

自動車保険会社によっても違うのかもしれませんが,

一例として挙げると


等級1(+52%),等級2(+26%),等級3(+10%),等級4(-1%),

等級5(-10%),等級6(-17%),等級7(-23%),等級8(-28%),

等級9(-33%),等級10(-37%),等級11(-40%),

等級12(-44%),等級13(-47%),等級14(-50%),

等級15(-52%),等級16(-55%),等級17(-57%),

等級18(-59%),等級19(-61%),等級20(-63%)


ということになっています。


このことから解るように、いかに等級が下がると

保険料金が下がるからわかります。


1等級と20等級の差が、115%にもなり、

1等級の人は如何に危険な人物かがわかりますし、

それに比べて、20等級の人は、安全安心な人ということが解ります。

こういうことが信用になって社会でも認められるのではないでしょう。


つまり、安全運転をすることが一番の節約になり、

また、一番大事な安全につながります。

それにエコにも繋がるので、安全第一で車は運転したいものです。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional