自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

被保険者を誰にするかがポイント

被保険者を誰にするかがポイント


自動車保険の保険料を安くするには、

いろいろな割引制度を賢く利用することで、

大きな差が付きます。

ここで忘れてならない大事なポイントがあります。


それが、「被保険者」です。


自動車保険の「契約者」とは、

保険を申し込みをして、その保険料を支払う義務を負う人のこと。

車の所有者のことです。

被保険者」とは、

保険証券の「記名被保険者」の欄に、

名前が記載されている人です。

つまり


「契約者=被保険者」です。

ところが、契約者はご主人で、実際に、

まいにちくるまをに乗ったいる人は、

奥さんというケースです。


この場合は、契約者はご主人で、記名被保険者は、

主に被保険者は、主に使用している

奥さんということになるのです。

実は、自動車保険で、ココの被保険者が、だれか?

ということが1番のポイントです 

例えば、

年齢条件によって、8~10%もの割引となる

ゴールド免許割引」を受けていたとすると、

この割引の適用条件は、

「記名被保険者がゴールド免許であること」

と定められています。

つまり

2人とも、ゴールド免許であれば、

問題はないのですが、

もし、どちらかが、ブルー免許だったら、

ゴールド免許を持つ人の方が、記名被保険者に

するとお得ということになります。

ただし


「主に車を使用する人」とは、

単に「いつも運転する人」という意味ではなく、

「車を事実上、自分のものにしている人」

「自由に使用できる人」

という幅広い意味を持つので、

家族で使っているときには、

複数の人が、被保険者になる可能性があります。

その際には、誰を被保険者にするかで、

保険料が大きく違ってくるわけです。

また、等級を継承できるものは、

契約者でなく、被保険者の方です。


この点を知らずに損をしている人が多いので、

注意してください。

今使用の車が使わなくなり、車を廃止することになっても、

自動車保険は、10年間の「中断」にしておくことです。



そうすれば、家の中で新たに車を買って運転することになったら、

「中断」していた自動車保険を申し込めば

以前の無事故割引(等級)を、使えます。

近年、高齢者の運転による事故が増えていることから、

「26歳以上」「35歳以上」の条件が、

設定されている場合で、

被保険者が60歳、70歳以上の時は、

同じ契約条件でも、保険料が高くなります。

「年齢別料金」が、導入されているので、

詳しくは、保険会社に確認してください。

70歳のおじいさんと40歳のお父さんが、同居しているのなら、

40歳のお父さんは被保険者とすることです。

していない人は、すぐ変更ができるので、やってくださいね。

保険料は安くなりますよ。


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional