自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自損事故証明

自損事故証明



画像の説明

交通事故にでかいも小さいも御座いません。


事故を起こせば当事者が警察官に申し出なければなりません。


道路交通法第72条運転者(またはそこに準ずる者)の議務です。


交番への届出なしに間違証明書獲得不行届き理由書の適用を容易に
勧奨するのはもってのほかです。


取得不能理由書はあくまで救済措置に過ぎません。


今回のケースでは実務上、事故証明がなくても対応してくれると思いますが、
共済約款一般条項第18条により支払いを拒否されても不服は云ええません。


事故があったら直ちに交番へ届けを出すようにしましょう。


交通事故がおきたときは!


1 交番に事故の届出をしてください。


●交番への届出の無い事故については交通証明書の発行はできません

故、ご注意下さい。


●交通事故がおきたら、取り扱いを受けた警察署(高速隊)、発生場所等を確認して、

下記の申請方法で証明書を取得して下さい。



2 .申請は最寄のセンター事務室で


●最寄りのセンター事務室に申請してください。


●他府県でおきた交通事故についても、

近辺のセンター事務所で申請できます。

(その度合いは後日郵送と懸かります。)


●詳細には近所のセンター事務所にお問い合わせ下さい。


申請方法



1. 申請できる人は


●交通事故の加害者


●被害者


●交通事故確認書の交付を受けることについて、詳しい利益のある人

(例損害報酬の請求権のある親族、保険の受け取り人等)


●交通事故免許証は、人身事故については事故発生から5年、物件事故については事故発生から3年をそれぞれ経過した物については原則交付できません。


詳しくは近辺のセンター事務所にお問い合わせ下さい



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional