自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自損事故の手続き

自損事故の手続き



画像の説明

自損事故後の手続きについて


自損事故でも、

順当に事故後の手続きを進めるなら、

まず警察に届けることです。


車が大破してしまったり、

動かなくなってしまうこともあるでしょうから、

警察に指示に従います。


事故が軽微なものなら、

最寄りの交番・警察署に出向き、

事故届けをして、

事故証明もとれるようにしておくと、

後の手続きが楽です。


事故届け自体は非常に簡単で、

事故がおこった日時、

損害したものとその損害の程度、

現場でとられた措置などが記録されることになります。


ついでに、写真を撮っておくとよいでしょう


保険会社へ伝えることは、

保険契約者(運転者名)、

証券番号、

事故車の登録番号、

事故の発生日時、

事故の状況と損害の程度、

すでに事故車を入庫している場合は、

その修理工場名などです。


単独事故の事故届けを後回しにする方もいますが、

車両保険を請求するにしても、

最近は保険会社も、

事故届けを済ませることを

前提に話しを進めることが多くなっています。


事故証明がなくても、

車両保険が使える自損事故もありますが、

事故の程度が微妙でどのようにしたら良いのか迷う場合は、

保険会社に確認することを勧めます。


ちなみに、自動車保険車両保険を付けていない方は、

補償は受けられませんので、悪しからず・・・


● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional