自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険を比較して安くするコツ

自動車保険を比較して安くするコツ


自動車保険はどのように選べば安くなる?


自動車を所有している方の中には、

自動車保険の保険料が高いという悩みを抱えている方が少なくありません。


実際、自動車は自動車保険の保険料に加え、

税金や車検費用、燃料費など多くの維持費が掛かるため、

家計を圧迫されてしまいがちです。


そこで、今回は自動車保険に保険料に悩む方のために

保険料を安く抑える2つのコツをご紹介したいと思います。


ぜひ、参考にしてお得に自動車に乗りましょう!


保険料を安く抑える2つのコツ


  • 運転者限定条件を活用する

自動車保険に加入する際には、

その自動車保険がどの範囲の人にまで対象となるかを定めます。


当然ながら、範囲は広ければ広いほど保険料は高くなり、

狭い範囲であれば安くなります。


ですから、「私しか乗らない」「私と妻しか乗らない」といった場合には、

本人のみ限定や夫婦限定条件とすることで、保険料を安く抑えることができます。


自動車保険の保険料で一般的に最も高い保険料が設定されているのは、

実は車両保険です。


ですから、既に自動車の価値がかなり劣化している自動車などの場合には、

車両保険を補償内容から外すといったことも考慮することが大切です。


また、車両保険は付けておきたいという方は、

免責金額」制度を利用しましょう。


免責金額とは、事故が発生し自動車を修理しなければならなくなった時に

自己負担する一定額のことです。

自己負担額を大きくすればするほど、

車両保険自体の保険料は引き下げることができますので、

自分の運転の程度などに応じて柔軟に変更していくとよいでしょう。


自動車保険は自動車に乗る方を守る大切な制度ですが、負担も大きいものです。


保険料に圧迫されてしまい自動車に乗れなくなってしまった、

という事態は避けたいですから、

適宜自動車保険の見直しは行っていきましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional