自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険の相場 20代の加入方法

自動車保険の相場 20代の加入方法


自動車免許を取って念願のマイカーを手に入れ

その次に考えなければいけないのは自動車保険のことです。


保険会社側からの視点で見てみると事故リスクの高い初心者ドライバーだという点と

初めて契約するのでそれなりの保険料はいただきますよといったところでしょうか。


20代の自動車保険の相場は高めになるようです。


若い方は事故を起こしやすいと統計的にでていますし

免許を取得した初心者ドライバーが多い世代なので

こればかりは仕方がないことです。


安全運転を心掛けて1年2年と無事故を続けることで等級を上げていくこと。


そうすれば免許証の色もグリーンからブル-へとやがてはゴールド色になります。


ゴールド免許になるまでは随分と長い道のりとなりますが、

無事故無違反を続けることが何よりも保険料を節約出来るので安全運転に心掛けてください。


自動車保険の選び方ですが、

相手方への補償となる対人・対物は無制限で必ず契約しましょう。

無制限にしても保険料はそんなに変わるものではありませんから。


保険料節約には家族限定/本人限定の運転条件や車両保険に加入するなら

免責金額の設定とエコノミーワイドなど補償される範囲を狭くすることが必要になるでしょう。


親と同居している場合ですでに自動車が1台あるケースなら

その自動車保険の等級を引き継ぐことが可能です。


親の契約している自動車保険ノンフリート等級が高ければ高いほど、

その分お得に自動車保険に加入することが出来ます。


親の自動車保険は新規契約となりますが、

それでも年齢条件特約を付帯することで20歳の方が新規契約するよりも

安い保険料で新規契約ができることになります。


意外と忘れがちなのが契約期間中に迎える誕生日です。


21歳以上・26歳以上の年齢条件を加えることで保険料は安くなります。


21歳・26歳の誕生日を迎えたら

年齢条件の変更をすることで割引を受けることが出来ます。


自動車保険はいつでも契約内容を変更することができます。


年齢条件に該当する誕生日を迎えたら忘れずに保険会社へ連絡をしておきましょう。


次に自分や同乗者への補償です。


これは人身傷害補償や搭乗者傷害保険になります。


人身傷害補償には契約した車のみ適応されるタイプと

他の車(タクシーやバスなど)に乗っているときの事故もカバーしてくれるタイプがあります。


どちらを選ぶかはライフスタイルにより変わるのでじっくりと考えたいところですね。


保険会社によっては「人身補償」を特約としている保険商品もあります。


その場合には搭乗者傷害、自損事故傷害、無保険車事故傷害がセットになります。


車両保険に入るか否か


初めて購入したマイカーです。


大切にしたいものですね。


しかし、車両保険に加入するとどうしても保険料は高くなってしまいます。


車両保険には加入しないというのもありなのですが、

もしも車が突然使えなくなった場合のケースを考えておくことは必要です。


補償範囲を狭くし、なおかつ免責金額を設定して保険料を抑えるのが良いでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional