自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険の特約

自動車保険の特約



自動車保険証券に加入する場合、自動車保険に色々な条件を増やす契約書を
特約」と呼んでいます。



自動車保険証券で先ずもってよく知られている特約は、

等級プロテクト特約」です。


自動車に載っている人が事故を起こす見込を証した物で、

この特約を付けていると、無事故の年数が長いほど、

自動車保険掛金が安くなると言うものです。



初めて自動車保険に所属する場合には、

等級プロテクト特約は、「6ス等級」からスタートします。



無事故である出来事を証する、ノンフリート等級は、

事故を一年間起こさなければ、一等級ずつ嵩んていきます。



つまり、無事故であれば、

次年度の自動車保険掛金は安くなるわけです。

そして、このノンフリート等級が低くなれば、

自動車保険に加盟する時、

プロテクト特約を留めることは出来なくなります。



ノンフリート等級は、6等級で着手し、

一年間無事故なら次年度は7等級に掛りますが、

一年以内に事故を起こせば、3等級階級がダウンします。

余程成せば、保険掛金が加入時よりも

次年度はかなりアップしてしまいます。

もし、無事故継続期間が長く、

ノンフリート等級が7等級以上であれば、

一年間に一回の事故に限り、

ノンフリート等級は据え置かれ、

保険掛金が変らなくなります。

プロテクト等級は、このように事故を起こす確率によって、

保険掛金が上下する特約と罹っています。

車両等級プロテクト特約について


自動車保険証券の特約にはこの他に、

車両保険におけるプロテクト特約である、

車両等級プロテクト特約」もあります。

条件は、自動車保険のクラスプロテクト特約とほぼ同じです。


この他としては、

自動車事故で死亡や重度後遺障害を負った場合に、

被保険者である児童に保険金が応えれる

子供特別保険金特約」や、

育英費用保険金保障特約」がいらっしゃいます。

再び、交通事故によって、

身寄りの生計を保全していくものが

死亡や高度障害を借った例に保険金が報いれる「家族生計維持特約」、

家の世帯を通じていらっしゃる人が交通若事故に遭って家事が成らなくなった場合の

家事労働費用特約」や「ホームヘルパー費用担保特約」などがいます。

この他にも、

形成手術費用特約」、

高次脳機能障害保障特約」、

人身弁護士入費担保特約」、

日常生活賠償責任保険特約」、

受託品賠償責任補償特約」、

家族傷害補償特約」、

身の回り品保証特約などなどたくさんの特約が有ります。

その他の特約はこちら


これらの特約は、

保険会社によっても設定が変わっているので、

自動車補償に加入する場合、

どのような特約あるのかを調べた方が宜しいでしょう。

各ダイレクト型自動車保険会社の特徴についてはこちら


自動車補償会社を切り替える例のコーション事項と作り出して、

ノンフリート特約の等級はそのまま真新補償会社に移行されますが、

こうした特約がない自動車保険も居ますので、ご注意下さい。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional