自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険が安くなる車の車種とは

自動車保険が安くなる車の車種とは


自動車保険の保険料は、

契約者の自動車保険のリスクを根拠に算出されることになっています。


要は「自動車事故を起こす可能性」ということですね。


おもに統計的な観点から、事故の可能性が高いと判断されるようなら、

保険料は高くなるというわけです。


実際、どのような要素で保険料が決まってくるのでしょう。


まず、車種・年式です。自動車保険の見積もりをとるとき、

必ず車種・年式は質問されるはず。これは保険料に大きく影響するからです。


自動車保険の保険料は事故のリスクによって決まります。


車の種類で事故の可能性がわかるの?と思うかもしれませんが、

統計的には「事故が多い車」とそうでない車は「ある」ということなんですね。


なんだかドッキリする話ですが、

たとえばスポーツカータイプの、スピードがよく出る車であれば、スピードを出して走る人も多いでしょうし、

軽自動車などに比べると、ガンガン車を使ってドライブや遠出をするだろうと予想できますね。


そうすると、トータルでは事故の可能性は高くなるわけです。


また、車両保険は、車そのものの価値が補償の対象ですので、高級車であれば高くなります。


ですので、一般にスポーツカーや高級車や保険料が高く、ファミリーカーや軽自動車は安くなる傾向があります。


もっと細かく言えば、車種・年式ごとに統計的に決められた料率があって、これをもとに保険料が算出されています。


カローラなどは料率が低くて保険料が安い車、クラウン、エスティマなどが標準的で、

セルシオなどは料率が高くて保険料が高い車です。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional