自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険 等級 事故

自動車保険 等級 事故


自動車保険の保険料額を決める大きな基準となる等級。


無事故であれば翌年は1つ上がり、

保険プランが同一であれば保険料は下がります。


ただ、事故を起こして保険の支払いを受けると、

事故内容によっては翌年に3等級もしくは1等級下がり、

保険プランが変わらなくても保険料はアップ。


ところが、なかには保険の支払いを受けたとしても、

翌年の等級は変わらないどころか、

無事故の場合と同様、1等級上がる事故もあります。


では、どのような事故を起こし、

どのような保険を使うと等級が下がるのでしょうか? 


また、保険を使っても等級が下がらない事故とは、

どのようなものなのでしょうか。


3等級ダウンに該当する事故は「契約者に過失がある」場合。


・契約車両で運転中に、人をひいてケガを負わせてしまい、保険金が支払われた

・契約車両で運転中に、他人の家の壁にぶつかって壊してしまい、保険金が支払われた

・契約車両を自宅で車庫入れした際、壁にぶつかり、修理のために保険金の支払いを受けた


他には、無保険車傷害保険や自損事故保険などで支払われた場合も、

3等級ダウンとなります。ただ、無保険車傷害保険の支払いを受けられるのは、

搭乗者が死亡したり、後遺障害を被った場合のみ。


等級の上下や、保険料に関する損得を考えている場合ではありません。


自損事故保険は、対人賠償保険に加入すると自動付帯されるのが一般的。


ところが、その補償内容をカバーする人身傷害補償保険

契約するドライバーが多いため、

出番がないというのが実情です。


1等級ダウンに該当する事故は、下記をいずれも満たす場合。


・契約車両を盗まれ、保険金の支払いを受けた

・いたずらにより契約車両の窓ガラスを破損させられ、保険金の支払いを受けた

・台風により物が飛んできてぶつかったため、契約車両のボディに傷がつき、保険金の支払いを受けた


ノーカウント事故に該当するのは「契約者の危険度を直接的に示すものではない」場合


・契約車両を運転中、急ブレーキをかける必要があり、

顔をハンドルにぶつけてケガをし、保険金の支払いを受けた


・契約車両を運転中、他車に追突されケガを負ったが、

相手は無保険車で相手の保険から補償を受けることができず、

自分の保険金の支払いを受けた


等級がダウンする事故の共通点とは?


3等級ダウン事故や1等級ダウン事故で使用しているのは

対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」の3つ。


等級が下がり、翌年の保険料が上がる可能性が生じるのは、

これらの保険を使ったときとなります。


保険を使うのと自費で賄うのと、どちらがトクか? 


これらの保険を使う際には、

保険会社とよく話をして、両者の金額の違いなども考えたほうが良いでしょう。


ただ、自分の車両を補償する「車両保険」ならいざ知らず、

対人賠償保険」「対物賠償保険」の場合は相手があることですから、

相手への補償を考えることが最優先です。


等級が下がる事故と下がらない事故のポイントまとめ


■“契約者に過失がある事故”は3等級ダウン

■“条件にあてはまる事故”は1等級ダウン

■“契約者の危険度を直接的に示さない事故”はノーカウント

■等級がダウンするのは「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」を使った場合


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional