自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険 一日 比較

自動車保険 一日 比較


自動車保険の1日自動車保険で比較する


1日自動車保険は2社の保険会社が存在します。

1 東京海上 ちょいのり保険

2 ドコモワンタイム保険


では、この2つの保険の特徴を紹介します。


1 東京海上 ちょいのり保険

東京海上には他社のようなドライバー保険は存在せず、

その代わりに「ちょいのり保険(1日自動車保険)」が用意されている。


他社とは異なり、1日単位で契約できる点で大きなメリットがあります。


補償内容だが、基本補償には対人・対物賠償責任の他、

搭乗者傷害特約が含まれる。そのうえで選択できる2つのプランがあり、

車両保険を付帯するか否かで500円か1000円かという金額差が発生する。


一般的にドライバー保険には車両保険は付帯していないのは、

それは貸主の自動車保険で賄うことを前提としているためだ。


貸主が車両保険に加入していない場合、

貸主から自動車の修理費を請求される可能性

(その貸主と借主の友人関係にもよるが)がある。


貸主が両親であるなら、500円でも問題ないだろうが、

貸主との関係性を考慮した上で車両保険の有無を検討する必要がある。


契約もPC・スマホから完結でき、

当日中に契約が完了して保険が適用されるため、

友人が昨晩に飲みすぎてアルコールが残っていて

急遽運転することになった場合なども利用価値がある。


さらに、2日間の運転になっても1度の契約で

2日の契約にすれば重複して契約する必要はない。


しかし、非常に便利な面がある一方で注意点もある。


まずは携帯は自分の携帯を利用する必要があり、

他人の携帯からは契約できない。


保険料の支払いも携帯の持ち主の携帯料金と合算して支払うことになる。


さらに、前述した車両保険は事前登録から7日後でなければ契約できない。


急場しのぎで利用するなら必然的に500円プランとなる点は覚えておいて損はない


2 ドコモワンタイム保険

ドコモワンタイム保険は、携帯通信会社のドコモが提供している保険で、

1日自動車保険の他に海外旅行保険なども販売している。


実際にはドコモは損保代理店のようなもので、

事故の補償・サポートを行う引受保険会社は東京海上が担っている。


そのため、補償内容・保険料では東京海上 ちょいのり保険と大差はない


基本補償には対人・対物賠償の他、搭乗者傷害特約が含まれ、

車両保険の有無で500円か1,000円かが決まる。


この点は自動車の貸主に確認して有無を決める必要があろう。

ただ、一般的なドライバー保険には車両保険は無いためプラスではある。


申込~契約は携帯電話から完結できるが、

当然ながらキャリアはドコモである必要がある。


ドコモでないなら東京海上のサイトから申し込む必要がある。


保険料はドコモの月額料金と合算され支払うことになるため、

銀行口座・クレジットカードの入力が不要な分だけ手間は省ける。


しかし、幾つかの注意点がある。


契約には個人を特定するため自分の携帯を利用する必要がある点、

さらに前述した車両保険は初回申込から7日後でなければ契約できない。


つまり初回は車両補償なしで、

初回から7日経過後の2回目からは車両保険が付帯した

1,000円のプランを選択できることになる


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional