自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険 相場 40代から50代へおススメ

自動車保険 相場 40代から50代へおススメ


今までの自動車保険は、

全年齢(18歳以上)、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上など、

運転者の年齢条件が設定されていました。


もう少し詳しく言いますと、

「26歳以上補償」または「35歳以上補償」を設定した場合は、

記名被保険者の始期日時点の年齢に応じて

「30歳未満」「30歳以上40歳未満」「40歳以上50歳未満」

「50歳以上60歳未満」「60歳以上70歳未満」「70歳以上」

に区分して保険料を算出します。


この場合、35歳以上だと、35歳でも、40歳でも、50歳でも、60歳でも

自動車保険料金は、同じ保険料となりました。


しかし、事故率が低い、

40代から50代の保険料を割安にした自動車保険があります。


その自動車保険が、「おとなの自動車保険」です。


「おとなの自動車保険」は、この事故率に注目し、

年齢ごとの事故率を保険料に反映することで、割安になっています。


保険料の一例は

プリウスにお乗りの45歳と50歳の場合では、


  • 車両保険付きで、45歳は、年間保険料金 39210円、
  • 車両保険付きで、50歳は、年間保険料金 38120円


年齢が50歳を超えると保険料水準は上がる傾向にありますが、

70歳以降は年齢による保険料の変動はありません。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional