自動車保険の車両保険を元に自分にあった自動車保険を選ぶポイントを紹介します。

自動車保険 比較 ランキング

自動車保険 比較 ランキング


自動車保険の「比較サイト」や「ランキングサイト」にご注意を!


インターネット上の情報として影響力が強い「比較サイト」


一番比較されるのはやはり価格です。


商品やサービスのクオリティが同じであれば

安いにこしたことはありませんが、

自動車保険はそう簡単に比較できるものではありません。


そこで今回は、

価格の安さだけで自動車保険を選んでしまわないよう、

注意していただきたいです。


自動車保険の比較サイトって何?


比較サイトは便利だが、安易に価格だけを比較するのはNG


インターネットの世界では

「比較」「ランキング」はもはや当たり前。


インターネットとの親和性が高い情報であるため、

その影響力は強大です。


傾向として、

商品内容がシンプルでわかりやすいものは価格で比較されやすい、

商品内容が複雑なものや購入頻度が低いもの、

高価なものはランキングやレビュー(口コミ)で順位付けされやすい、

といった感じです。


自動車保険は複雑かつ高価な商品の部類に入ります。


よって「●●ランキングNo.1」といったような

PRや口コミでの評価情報が目立ちます。


自動車保険の比較サイトはこういった情報に加え、

希望の補償内容や条件を入力すればその情報をもとに

数社から一括して見積もりを取って

価格を比較できる画期的なシステムも備えています。


比較サイトは一般的には

「比較・見積もりサイト」「一括見積もりサイト」と呼ばれています。


自動車保険、比較のコツ


“比較”には商品内容の比較と価格の比較がありますが、

結局は費用対効果を見るので

内容も価格も両方比較することになるでしょう。


いわゆるコストパフォーマンスです。


自動車保険の場合、

対人賠償保険対物賠償保険

人身傷害保険搭乗者傷害保険

車両保険という自動車保険の基本的な補償が

商品内容の中心になりますが、

これら補償に各社大きな違いはありません。


よって価格を比較する際は補償金額や年齢、

運転者の範囲、走行距離、使用地域などの条件を

一緒にすればコストパフォーマンスを測れます。


それを一括でできてしまうのが

一括見積もりサイトのすごいところです。


ただし、基本の補償の部分はリスク細分の違いや条件設定、

設計の自由度に各社特徴があるため、

それらの違いを比較したうえでコストパフォーマンスを測るべきです。


また、特約(オプション)の種類やロードサービスは比較しやすい要素ですが、

各社必要かつ十分なレベルですからあまりこだわりすぎるのもNG。


それよりも自分が安心できるブランドや事故対応の口コミ、

商品とサービスと保険料のバランスや納得感にも目を向けるべきです。


ちなみに「●●でNo.1」というランキングもあくまで参考程度に。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional